【オフィス街の中心に美術館?】ロサンゼルスで話題のハマー美術館 Hammer Museum

ハマー美術館

みなさんはアメリカのロサンゼルスを訪れたことはありますか?

広大な自然に綺麗なオーシャンビュー、美術館や博物館などの歴史あるスポットが多くあり、観光地として人気が高いです。

そんなロサンゼルスですが、近ごろは美術館や博物館、ストリートアートなどが盛り上がりをみせ、“アートの街”としてさらに魅力的な観光地になっています。

今回はそんなアートの街・ロサンゼルスの現在人気急上昇中の “ハマー美術館”をご紹介します。

そもそも”ハマー美術館” とは?

アーマンド・ハマー美術館 - ハマー美術館の口コミ - トリップアドバイザー

(引用:トリップアドバイザー)

まずハマー美術館とはなんなのでしょうか?

ハマー美術館の正式名称は ” アーマンド・ハマーミュージアム (Hammer Museum) ” です。

これは企業家であり、美術館の創設者であるアーマンド・ハマー氏の名前が由来です。

館内にはハマー氏の数多くのアートコレクションが寄贈されており、現代アート作品からゴッホやモネなどの世界的に有名な芸術家の作品まで幅広く展示されています。

現在は近くのあるカリフォルニア大学(UCLA)が運営を行っています。

ハマー美術館にいってみよう!

ハマー美術館はロサンゼルス国際空港から北側のウエストウッドに車で約30分のところにあります。

穏やかな雰囲気のあるウエストウッドのオフィス街の中心にあるのがハマー美術館です。

入館時に身分証明書の提示をもとめられるので、事前にパスポートかパスポートのコピーをもっていきましょう。

入場料は無料なので気軽に入れます!

(駐車場の料金は最初の3時間が7ドル、そのあと20分ごとに3ドルで1日最大20ドルです)

ハマー美術館の中身をご紹介!

ハマー美術館の最大の魅力はなんといってもそのコレクションの多さです!

絵画や彫刻だけでなく、いろんなテーマに沿った現代アーティストの期間限定ブースなども展示されています。

今回はそんなハマー美術館の魅力をお伝えします!

中には美しいエントランスが!

ハマー美術館

まず館内に入ると美しいエントランスがまっています。

受付の人にパスポートを見せてシールをもらいます。

それを体の見える位置にはっておけばあとは自由にみることができます。

館内は2階建てであり、エントランスを通り抜けて左には地元の人たちの憩いの場所であるカフェがあります。

また、少し変わったイスもあり、ゆっくり読書したり、休むことができます。

ハマー美術館 イス

(少し変な形のイスですが、あんがい座り心地はいいです笑)

ゴッホやモネらの有名作品がずらり!

館内に入ってまず見ていただきたいのが多くの絵画たちです!

世界的アーティストから、注目の若手アーティストの作品まで幅広く展示されています。

ハマー美術館

(こちらはゴッホの作品です。やはり近くで見れば見るほど引き込まれるような魅力があります。)

ハマー美術館

(繊細なタッチで描かれています。非常に高い技術力が読み取れます。)

ハマー美術館

(まるで写真のような美しさ。印象派の作品も豊富です。)

ハマー美術館

期間限定ブースがおもしろい

ハマー美術館のもう一つの魅力は多くの期間限定ブースです。

ハマー美術館では、講義、シンポジウム、朗読からコンサート、期間限定展示まで年間を通して300以上のイベントを開催しており、いつ訪れても新たな発見があります。

民族と宗教をおりまぜた”ピンク”の空間

ハマー美術館

私が訪れた2020年2月に開催されていたブースです。

テーマは「宗教と民族」です。

儀式的な作品が展示されているとともに、民族や人種に対する自分の思いを語る女性の映像がながれていました。

一見あやしい雰囲気がありますが、映像や作品を見ていると多くのメッセージがこめられているとわかる作品です。

また、それぞれのブースには係員の方がたっているので、わからないことがあったり、解説が聞きたいときは、質問するとで丁寧に教えてくれます。

民族宗教

(これは民族宗教に対してのオマージュから作られた作品だそう。)

身体に注目したアート作品

次にご紹介するのは人間の身体に目をむけたブースです。(少しグロいので苦手な方はとばしてください)

私が当時訪れた中でもっともインパクトを受けたのがこのブースです。

ふだん何気なく接している僕らのからだの一部分に注目することでなんとも言えない不気味さとおぞましさを感じます。

個人的には少しリアルすぎて苦手ではありますが、これらの作品は世界的に多くの評価をいただいているそうです。

ハマー美術館

(館内には、少し重いテーマやグロテスクな作品もありますのでご注意ください。ブース前に事前の注意書きがあります。)

ハマー美術館

(正直なにかわからない作品も笑 みる人によって感じ方が違うのもアートの魅力です!)

ハマー美術館

(彫刻などの作品も多く展示されていました! 来場者もくぎづけです。)

アーティスティックに休憩できる!

ハマー美術館

ハマー美術館には、至る所に休憩スペースがあります。

休憩スペースでは子どもたちが遊んでいたり、地元の方の憩いの場になっています。

先ほどのイスもそうですが、休憩スペースはアーティスティックなデザインで作られています。

アート楽しみながらリラックスできるのもハマー美術館の魅力のひとつです。

ハマー美術館

(開放的な雰囲気でリラックスできるハマー美術館2階の休憩スペース)

まとめ:行く価値は絶対にあります!

これまでハマー美術館の魅力をお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。

あくまで今回ご紹介したのは一部で、ハマー美術館には多くの美しい作品や、イベントが盛り沢山です!

加えて、ハマー限定のグッズや最新のアーティストグッズが買うことのできる売店などもあり、ぞんぶんに楽しめます!

のどかなオフィス街にある、みんなの憩いの美術館・ハマーミュージアム。

行く価値は絶対にありますのでぜひ行ってみてください

また、他にも多くのレジャースポットを紹介していますので是非ごらんください!

ロサンゼルスの人気 No.1 美術館【ザ・ブロード】に行ってきた!The Broad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です